top of page
  • 執筆者の写真そらまめお

みんなでゲストハウス

遠刈田にノリで移住した!という同年代のテッペーに会ったのは2年前


海外暮らしが長く、エアビーに勤めていたという事もあり、自分の宿を持ちたい思いが強く、蔵王移住を機にゲストハウスを作ることを望んでいた。

築70年の空き家を絶賛リノベーション中だ


テッペーとは遠刈田温泉で月1の集まりzao playで知り合って、WOODSTOCKのトーチ作りにも協力してもらっている仲間内で、「今度内壁壊すから手伝いに来てー」とか「天井裏の断熱貼りが辛すぎる!」とか話をもらって、ちょこちょこ手伝っていた。



本人や友人達から進行状況を聞いては、自分達の家のような親近感を持って、心配したり笑ったりしている。

なるべくコストを抑えてdiyで進めるのには根気が必要だ。場合によっては壊さないように気を遣って作り直すよりゼロから作り直した方が早く進む場合もあるのだが、生かせるものは生かすスタイル。

真夏の屋根裏作業はこたえた…


それでも目に見えて完成に近づく達成感はやはり嬉しいし楽しい。


皆で作るゲストハウス、いつかここで集まったりするのが本当に楽しみだ★



がんばれ、テッペー!



閲覧数:216回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4年目

bottom of page